1. HOME
  2. 製品情報

Product
製品情報

トランジスタ式高周波発振機

トランジスタ式高周波発振機

トランジスター式高周波発振機
信頼性の高いドライブ制御技術で幅広い負荷変動に対応しております。
環境にもよくトランジスター式は従来比約30%の省エネルギーを可能にしております。

【特徴】

  • 回路構成
    サイリスターとダイオードにより安定した直流電圧に変換後に、フルブリッジインバーターにて高周波電力を出力します。
  • 出力調整回路
    出力調整は、直流電圧の制御にて行います。直流電圧の制御方法は、サイリスターの位相制御を採用し、出力を広範囲に自由に選択できます。電源電圧±10%の変動に対して出力電圧を加熱操作に支障ない範囲で、自動的に安定する回路で構成されています。
  • 発振回路、整合回路
    並列共振型自励式発振方式を採用し、加熱中の負荷インピーダンス変化に対応して、瞬時に自動的に発振周波数を変化させ、安定した位相状態にて運転できます。
※左右にフリックしてご覧いただけます。
公称出力 [kw] 周波数 [kHz] 電源容量 [kVA] 冷却水 [l/min] 本体寸法 W×D×H [mm]
3 1~100 3.5 10 430×430×200
10 13 16 570×520×1425
20 26 40 570×520×1500
30 37 45 570×520×1550
50 62 70 580×550×1725
75 93 80 700×750×2080
100 120 95
150 180 125 1700×865×2282
200 240 135
300 360 150 1700×1000×2282
400 480 195 1900×1045×2268
トランジスタ(SiC式)高周波発振機

トランジスタ(SiC式)高周波発振機

SiC式高周波発振機は従来体(IGBT)に比べ、電力損失を約60%も削減、効率よく稼働する事が出来ます。
又、軽量化、冷却機構の小型化による高周波発振機本体もコンパクトになっております。

【特徴】

  • IGBTと比べ、耐久性アップ
  • 高速スイッチング(従来の5倍)により高い周波数に対応
※左右にフリックしてご覧いただけます。
公称出力 [kw] 周波数 [kHz] 電源容量 [kVA] 冷却水 [l/min] 本体寸法 W×D×H [mm]
5 200 6.8 22 350×640×600
50 68 60 700×635×1850
真空管式高周波発振機

真空管式高周波発振機

真空管式高周波発振機は負荷回路の固有振動周波数により発振する自励式発振回路が用いられています。

【特徴】

  • シンプルな構造の為、長寿命で保守が容易
  • AVR装備で安定した加熱が容易
  • 幅広いマッチングが可能
※左右にフリックしてご覧いただけます。
公称出力 [kw] 周波数 [kHz] 電源容量 [kVA] 冷却水 [l/min] 本体寸法 W×D×H [mm]
3 20〜400 6 20 570×700×1350
5 9 900×1000×1800
10 18 45
15 27
20 40 55
30 55 75 1225×1300×2315
40 75 100
50 90
80 155 110 2200×1250×2565
100 200 140 2235×1250×2565
150 20~200 300 260 3050×1250×2650
縦型高周波焼入機

縦型高周波焼入機

  • 各種シャフト類等の高周波焼入れに最適
  • 各ストロークに応じた高周波移動焼入/固定焼入が可能
  • ワンタッチアダプタにより加熱コイル交換が容易
※左右にフリックしてご覧いただけます。
ストロークタイプ 03 05 07 09 12 15
取り付けワーク寸法 最大長さ[mm] 300 500 700 900 1200 1500
最大外径[mm] φ100 φ150
最大重量[kg] 50 100
送り速度[mm/s] 0.2~200
ワーク回転数 [rpm] 0~500
ユーティリティ 圧縮空気 [MPa] 0.4
焼入水 [l/min] 15~200
電源容量[kVA] 10
本体寸法 [mm] W 1100 1200 1300 1400 1600 1800
D 1100 1200 1300 1400
H 1900 2150 2550 2850 3400 4200
重量[kg] 13-2 1200 1500 1800 2000 2500 3000
横型高周波焼入機

横型高周波焼入機

  • 各種シャフト類の高周波焼入れに最適
  • 各ストロークに応じた高周波移動焼入れが可能
  • ワーク自走防止機構により焼入品質が安定

    *注) ストロークはワークに合わせて変更が可能

※左右にフリックしてご覧いただけます。
ストロークタイプ 500 700 900 1200 1500 2000
取り付けワーク寸法 最大長さ[mm] 500 700 900 1200 1500 2000
最大外径[mm] φ10〜φ120
最大重量[kg] 50 180
送り速度[mm/s] 0.2~200
ワーク回転数 [rpm] 0~500
ユーティリティ 圧縮空気 [MPa] 0.4
焼入水 [l/min] 15~200
電源容量[kVA] 10
重量[kg] 1500〜6000
ターンテーブル型高周波焼入機

ターンテーブル型高周波焼入機

  • 焼入中にワーク脱着が可能なため、サイクル短縮が可能
  • 加熱コイル上下機構により、高周波移動焼入、固定焼入が可能
  • ワンタッチアダプタにより、加熱コイル交換が容易
※左右にフリックしてご覧いただけます。
ストロークタイプ 2st 4st 6st 8st
取り付けワーク寸法 最大長さ[mm] 200
最大外径[mm] φ50
最大重量[kg] 10
軸数(1ステーション) 1〜6
送り速度 *注) [mm/s] 0.2~500
ユーティリティ 圧縮空気 [MPa] 0.4
焼入水 [l/min] 15~200
電源容量[kVA] 10
重量[kg] 1500〜6000
高周波焼嵌め機

高周波焼嵌機

高周波誘導加熱を用いて受側の金属材を加熱する事で膨張させ軸形状を嵌め入れ、 冷却して強力に固着結合させる技術です。
主に自動車部品関連や重機部品と幅広く採用されております。

【主な結合品】

  • モーター全般、コンプレッサ(自動車部品)等
※左右にフリックしてご覧いただけます。
ストロークタイプ 2st 4st 6st 8st
取り付けワーク寸法 最大長さ[mm] 200
最大外径[mm] φ50
最大重量[kg] 10
軸数(1ステーション) 1〜6
送り速度 *注) [mm/s] 0.2~500
ユーティリティ 圧縮空気 [MPa] 0.4
焼入水 [l/min] 15~200
電源容量[kVA] 10
重量[kg] 1500〜6000

その他各種専用機

お客様のご要望に応じた各種専用機を設計・製作いたします。

高周波焼鈍し装置

高周波焼鈍装置

カムシャフト焼入装置

カムシャフト焼入装置

モータシャフト焼入装置

モータシャフト焼入装置

ピニオン焼鈍装置

ピニオン焼鈍装置

エンジンバルブ焼入装置

エンジンバルブ焼入装置

ロウ付け機

ロウ付け機

クランクシャフト焼入装置

アクスルシャフト焼入装置

タービンシャフト焼入装置

ボールスタット焼入装置

ロッカーアーム焼入装置

バランサーシャフト焼入装置

ロータ焼入装置

アーマチャシャフト焼入装置

シャフトプラネットキャリア焼入装置

ラックシャフト焼入装置

ピニオンシャフト焼入装置

ナックルアーム焼入装置

タイロッドアーム焼入装置

アッパーシャフト焼入装置

ドライブシャフト焼入装置

ロータ焼嵌装置

ハウジング焼嵌装置

モーターシャフト焼嵌装置

ショックアブソーバー焼入装置

ジャーナル加熱装置

 

その他、様々な形状に対応した設備を製造・販売しております!
お気軽にお問い合わせください。

Contact
お問い合わせ

エントリー・お問い合わせは、
メールフォームまたは
お電話から
お気軽にお問い合わせください。

受付 / 平日8:45 ~ 17:50